代表ご挨拶

アイスホッケーは失敗を仲間が助け合えるスポーツです。

アイスホッケーは団体競技の中でもとりわけ運動能力とコミニケーション能力が育つスポーツです。

アイスホッケーのプレーにはいくつもの「正しい答」があります。

自分なりの答をJiG Crushersで、見つけてほしいと思います。

 

子どもたちにとってアイスホッケーは、コミニケーション能力の向上や、家庭教育の手助けの場となることと思います。

大人にとっては、アイスホッケーを通じて得られた知識や経験、人生の教訓を子供達に受け継いでもらうことこそが、競技への恩返しにもなるはずです。競技に引退はあっても、スポーツまで引退することはありません。

 

 JiG Crushersは、3歳の子供から70歳を超えた「子供」まで二世代、三世代を超えて、アイスホッケーの素晴らしさをシェアできるクラブであると信じています。

そして、皆で協力し助け合うことによって、素晴らしいコミュニティーであり続けられると確信しています。

 

はじめてみませんか?

アイスホッケーが皆さんに何かを与えてくれるはずです。

 

代表者 石岡 元

クラブ・オーディター

JiG Crushersは、クラブ員の賛同とご理解によって運営されていくことを基本理念としています。

そこでこのクラブでは、クラブ・オーディター(監査人)という制度を採用しています。

各カテゴリーの代表者とクラブスタッフが定期的に集まり、クラブの方向性や進路などを話し合い、クラブ代表への提言やクラブ代表からの報告を受けて、各カテゴリーに周知していくという仕組みをつくっています。

クラブ・フェロー

上林功 様

追手門学院大学社会学部准教授

株式会社スポーツファシリティ研究所代表取締役

 

皆んなで作って皆んなで楽しむ、そんな共創のエコサイクルがスポーツで実現できるかどうか。社会学の観点からスポーツとまちづくりの可能性について研究しています。なぜ人はスポーツに取り組むのか。健康や気晴らしといった個人的なベネフィットに留まらず、楽しさや喜びを「共有」できるところに大きな特徴があると言われます。

ジグが取り組む人の繋がりの連鎖は、単純な一スポーツクラブチームにとどまるものではなく、次世代を担う社会の成り立ちにヒントを与えてくれます。

フィールドワーク、参与観察などの社会調査、定期的な学会での報告など学術的な側面からフェローとして参加しております。よろしくお願い致します。

<経歴>

1978年11月生まれ。兵庫県神戸市出身。建築設計事務所にて主にスポーツ施設の設計・監理を担当。主な担当作品として「兵庫県立尼崎スポーツの森水泳場」「広島市民球場(Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島)」など。

日本アイスホッケー連盟専門委員。一般社団法人運動会協会理事。

スポーツ庁 スタジアム・アリーナ改革推進のための施設ガイドライン作成ワーキンググループメンバー、経済産業省 魅力あるスタジアム・アリーナを核としたまちづくりに関する計画策定等事業選定委員。

早稲田大学スポーツビジネス研究所招聘研究員、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究所リサーチャー、日本政策投資銀行スマート・ベニュー研究会委員。

<主な実績>

・西武プリンスドーム(当時)観客席改修基本構想(2014)

・宮崎県屋外型ナショナルトレーニングセンター調査(2016)

・横須賀スタジアムファーム育成拠点基本構想(2016)

・某球団スタジアムコンサルティングアドバイザー(2017-)

・日本サッカー協会ナショナルフットボールセンター準備室ファシリティ&ボールパーク創生アドバイザー(2017)

クラブ・スポンサー

寺西太亮 様

株式会社モトックス 代表取締役

 

モトックスはジグクラッシャーズ、そしてクラブのメンバー皆さんを応援しています。アイスホッケーを通じて心身ともに成長して行こうというジグクラッシャーズの理念は当社の理念と重なることが多く、また、設立から理念を変えることなく成長を続けておられます。

アイスホッケーが好きな人やもっと上手になりたいと思っている人は勿論のことながら、アイスホッケーをやった事が無くてもスポーツを楽しみながら心身ともに成長していきたいという人も、ぜひ当クラブにお越しください!

岡田幸明 様

岡田歯科医院 院長

試合登録して勝敗を争うスポーツチームとしてだけでなく、世代やレベルを超えて互いに尊重し合えるスポーツクラブとして、更には子どもたちの心身の発育をアイスホッケーを通じて考える一つのコミュニティとして、ジグの掲げる使命と理想に賛同して、クラブ設立以来ずっと応援しています。「百聞は一見に如かず」まずは、リンクへ見に来てください! 

クラブ・サポーター

サポーター代表 高村博正さん 

 大阪大谷大学名誉教授・文学博士

 50才から始めたホッケーも25年目になりました。私のようなオールドタイマーから幼稚園児、そしてトップの選手たちもジグで楽しくプレーしています。ジグは今までの「自分だけホッケーできればいい‥‥」というクラブとは違い、ジュニアの養成から本格的な選手の訓練、オールドタイマーの居場所など、広くホッケー文化を作っていくスポーツ・コミュニティだと思っています。日本のホッケー人口が減少するなか、ジグは新会員が増えています。目指すところに共感が集まっている証左でしょう。


コーチングスタッフ

   石岡 仁

   オンアイス・ディレクター

三木 友一朗

ジュニアチームコーチ

今西 直也

ジュニアチームコーチ

浅野 航介

成人練習

ヘッドコーディネーター

活動内容

 小学生は、毎週金曜日に1時間半のオンアイス練習。中学生高校生は、毎週火曜日に1時間半のオンアイス練習。その他に、月2回程度の「石岡教室」という特別練習を組んでいます。

  社会人チームは、週末の金曜と土曜に、隔週1時間半のオンアイス練習。そして、隔週で月2回程度の「石岡教室メンズ」という基礎練習を組んでいます。

  スキルと体力、やる気によってジュニアが他の練習に参加することも可能です。詳しくは、カレンダーをご覧いただいてお気軽にご相談・ご質問ください。

  

無料アイスホッケー体験もご用意しています!!

「アイスホッケーをやらせてみたいけど、スケート滑ったこともないし・・」そういうお子様に向けて無料体験もご用意しています。道具の用意などもありますので、事前にメールやフォームにてお問い合わせください。

ダウンロード
無料体験申し込み用紙
※無料体験はお1人様1回とさせていただきます。
※18歳以上の方の無料体験はありません。
※他チーム登録選手は無料体験対象外です。
※無料体験参加申込用紙への記入は体験日当日も可能ですが、
必ず体験日の10日前までに参加希望をメールにてご連絡ください。
Jig無料体験申込書.pdf
PDFファイル 57.8 KB

クラブフィー・入会ご案内

幼児〜小学生

対象 幼児~小学6年生の男女

練習日 金曜 氷上練習 19:15-20:45

練習回数 基本・月4回

練習場所 浪速スポーツセンターアイススケート場

 

入会費(練習着込み) 12,000円

公式ユニフォーム代(ストッキング込) 18,500円

ビブス 入会時にビブスを別途ご購入いただきます。

 月会費

幼児 10,000円

小学生1-3年生 12,000円

小学生4-6年生 12,000円

兄弟2人目 8,000円

スポーツ安全保険代 800円/年間

追加購入

ユニフォーム 15,000円

練習着    8,500円

ストッキング 3,500円

 

 *休部中、その都度参加のクラブ員の石岡教室、追加練習についての参加費は、対象カテゴリーの月会費4分の1の料金とします。また兄弟割引等は適用されません。

 *幼児の入会については面談後判断させていただきます。

*クラブ入会後、スポーツ安全保険に加入していただきます。スポーツ安全保険の内容については各自ご確認ください。

*練習着・ユニフォーム・入会・運営・練習試合・公式戦・合宿などに関わる料金については別途申し受けます。

*幼児は公式ユニフォーム購入の必要はありません。

中学生以上

対象 中学生~高校生

練習曜日 火曜 氷上練習 21:00-22:30

練習回数 基本・月4回

練習場所 浪速スポーツセンターアイススケート場

 

入会費(練習着込み)12,000円

公式ユニフォーム代(ストッキング込)18,500円

月会費 中学生・高校生 12,000円

兄弟2人目 8,000円

スポーツ安全保険代 中学生800円/年間 高校生1,850円/年間

追加購入

ユニフォーム 15,000円

練習着    8,500円

ストッキング 3,500円

 

*休部中、その都度参加のクラブ員の石岡教室、追加練習についての参加費は対象カテゴリーの月会費4分の1の料金とします。また兄弟割引等は適用されません。

*クラブ入会後、スポーツ安全保険に加入していただきます。スポーツ安全保険の内容については各自ご確認ください。

*練習着・ユニフォーム・入会・運営・練習試合・公式戦・合宿などに関わる料金については別途申し受けます。

 

ジュニアクラブ員保護者の皆様へ

*クラブ練習日(19:15~20:45)におきまして、リンクサイドへの入場可能時間は18:45からとなります。また一般のリンク使用者へのご配慮にご協力をお願いします。

クラブスタッフから指定されている場所以外の観覧及び練習中の選手への話しかけ等の行為はご遠慮ください。選手が集中できず、他の選手にも迷惑となります。

ご理解のほどよろしくお願いします。

*ジュニアクラブ員は必ず『スクイズボトル』を用意、練習や試合などの水分補給時には必ず『スクイズボトル』を使用してください。

*クラブ内での物販の販売及び斡旋等の行為はご遠慮ください。

そのような行為があった場合にはクラブを除名処分とします。予めご了承ください。

*休部・退会等の連絡は必ず前月までにご連絡をお願いします。

18歳以上

対象  18才以上の男性

練習曜日

■ジョーカーズ・メイプルリーフス・

ワイルド 金曜 

■アウルズ・ホークス 土曜

*どのチームに所属されても金曜・土曜どちらのクラブ練習にも参加可能です。

氷上練習時間  22:45-24:15

練習回数  基本・月2回

練習場所  浪速スポーツセンターアイススケート場

 

年会費  65,000円(連盟登録費込、4月~3月クラブ費)

1stユニフォーム代(ストッキング込)18,500円

2ndユニフォーム代(ストッキング込)18,500円

スポーツ安全保険代  1,850円/年間 65才以上 1,200円/年間

 

*クラブ入会後、スポーツ安全保険に加入していただきます。スポーツ安全保険の内容については各自ご確認ください。

*シーズン途中で入会された場合はその入会月により年会費が変わります。

*入会後連盟登録を行い、ユニフォーム・練習着をご購入いただきます。

*ユニフォームはクラブの事情により新しく購入をお願いする場合があります。

*休部について:シーズンを通して休部するクラブ員の会費は年会費の半分となります。

*その他、運営・練習試合・公式戦・合宿などに関わる料金については別途申し受けます。